20200512_105558.jpg

 ネットでのアンケート調査によると、新型コロナの影響もあって転職や副業を考えている方が増えているそうです。
 転職する際には、まず自分の業務の整理と引き継ぎ準備なども必要になるでしょうし、副業を開始するにもその準備なども多岐に渡るでしょう。

 そんな時、個人的にオススメしたいのが「XMind」。これはトニー・ブザン氏が提唱する思考の表現方法「マインドマップ」を、パソコンやタブレットで描くためのアプリです。

 マインドマップについてはここでは詳しく触れませんが、興味のある方は一度調べてみると良い刺激になるかも。
 このマインドマップをオススメする理由ですが、この記述法が「記憶の整理」や「ふと思いついたアイデア」なんかをまとめていくのに、すごく合っていると考えているからです。

 例えば「自分の業務の整理」なんかを進めていく時、いきなり表にまとめていくと何か上手く進まないような時ってありませんか?
 自分の例でいくと「この業務はこういう内容で…」とまとめ始めたとしても、「そういえばあの業務もあったっけ」と、いきなり飛んだりします。
 さらには「ああ、でもこの部分はさっきの業務にも関わってくるな」などと戻ったりするんですよ。

 理路整然と最初から最後まで流れるように情報をアウトプットできる人もいるのかも知れませんが、少なくとも私には無理。
 そんな時に出会った「XMind」が、とても重宝しているんです。

 このアプリで情報をまとめていくと、情報のくくりや順番など何回でも修正しながら進めていけるので、まだ漠然としている状況でも「まとめ始める時のストレス」がすごく少ないと感じています。

 私の業務内容は「印刷物の企画制作」「Webアプリの企画制作」「イラスト・マンガの企画制作」など、結構多岐に渡っています。
 企画の段階からだと、まず情報集めと整理から入ったりもするので、ゴールまでのルートを探りながら進めることもしばしば。
 そんな時でもこの「XMind」を上手く活用できると、まとめているうちに新たな気付きをもらうこともあったりするんです。

 マインドマップの「好きな所から好きな順番で描いていい」というのが、個人的にはとても好きで便利に感じている所なんです。
 でも人によっては「どこからどういう順で描いていいか分からない」と、逆にそれがストレスの原因になることもあるようです。
 個人的な好みというか、相性みたいなのもあるんでしょうね(^_^;)

 「XMind」無料で使えるマインドマップソフト